×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

キャッシング カードローン 情報
「キャッシング カードローンの達人」は、消費者金融から銀行まで数多くのキャッシングの比較や情報を掲載するキャッシング総合情報サイトです。
はじめてのキャッシン 申込み内容の確認 債務者の平均値 お金の返済 ・利息の計算方法 達人への道
お金の借り方 審査で重視される項目 何社か利用中の方 申込み内容の確認 キャッシングお助けリンク
キャッシング全般
キャッシングって何?
キャッシングとローンの違いは?
消費者金融とクレジットカードのキャッシングの違いは?
申し込み段階で
誰でも借りれるの?
いくら借りられるの?
保証人は必要ですか?
登録番号って何?
どこで借りたら良いですか?
おまとめローン(一本化)とは?
審査について
家や職場に電話があるの?
審査の甘い消費者金融はどこ?
どんな人が審査に断られるの?
融資について
金利を安くしてもらえるってホント?
限度額は増額できる?
返済について
怖い取り立てがあるってホント?
返済日より前に返すことはできる?
35日サイクルの返済日があるのはなぜ?
リボルビング払いとは?
どうしても返済が遅れそうなんですが?
どれだけ返済が遅れると信用情報センターに登録されるの?
借金にも時効があるってホント?
多重債務関連について
信用情報センターって?
ブラックリストってホントにあるの?
多重債務者の特徴って?
過払い請求って?
自己破産すると借金を返済しなくて良いってホント?
キャッシングの履歴は信用情報センターに何年登録される?
悪徳業者について
紹介屋?買取屋?整理屋って?
ヤミ金の金利は?

 

お金の借り方
お金の借り方〜申し込みからキャッシングまでの流れ
■キャッシングまでの流れ
1 各キャッシング会社のサイトで必要事項を入力して」申し込み。
2 電話やメールなど希望の連絡先に連絡があり、本人確認や限度額などを教えてくれます(電話の場合は個人名でかけてくれます)。
3 審査結果次第で指定口座へ希望額を入金してくれます。
4 後日、申込書等を郵送します。
5 カードを受け取ります。これでいつでも利用できるようになります。

キャッシング(=お金を借りる)するまでの流れは、その業者や申し込み方法によって多少違うものの、基本的なことはほとんど一緒。申し込み→審査→融資です。
申し込みは、インターネット、電話、来店、CD/ATMなど色々な手段がありますが、ここでは来店不要で簡単に申し込みできるインターネットを使った申し込み方法を見ていきます(来店して申し込みする場合でも、あらかじめインターネットなどで申し込みをしておくと審査が早く終わります)。
お金の借り方〜申し込みで聞かれること

キャッシングに申し込む上で伝えなくてはいけない情報は主に次のような内容です。 色々伝えないといけないように見えますが、携帯電話を契約するときなどと同じようなものです。違いは他社利用について聞かれるという所などでしょうか。

【キャッシングの申込みで伝えること】

1. 連絡先・・・電話番号・携帯・住所・勤務先電話番号など。
2. 仕事・・・業種・職種・勤続年数・年収など。
3. 住まい・・・持ち家・賃貸・家賃など。
4. 家族・・・家族構成・内緒かどうかなど。
5. 他社利用・・・利用金額・件数など。
6. 希望額・・・使い道など。

お金の借り方〜審査について

キャッシングに申し込みをするとまず審査があります。審査というのは、業者側が「この人にお金を貸しても大丈夫かな?」「いくらまでなら返済できるかな?」というのを審査することです。業者側も返済してもらわないと困るわけですから、借りた人が返済できないような金額を貸すようなことはしません。

審査の基準は会社によりそれぞれ違いますので、実際に申し込みしてみないとわかりません。例えばA社では融資を断られたけど、B社では融資してくれた。ということも十分にありえます。

審査の内容は、本人についてと他社利用についてを総合的に判断されます。本人については、独身より既婚、賃貸より持ち家、無職・フリーターより正社員、勤続年数短いより長い、電話なしより電話あり・・・といった感じでポイントが高いです。
他社利用については信用情報機関に問い合わせを行うので、ハッキリとわかってしまいます(くれぐれも申し込み時にウソは書かないように)。他社利用がない、又は少ない、延滞していないのほうがもちろんポイントは高いです。そして、あくまで目安ですが、大手は他社借入3社までなら融資可能であり、中堅業者ではほとんどが5件程度までなら可能、小規模業者では10件まで可とするところもあるようです。

これらの結果で、融資するかしないか、いくら融資までするか、が決まるわけです。
お金の借り方〜企業によって違う融資額

1 社あたりの1人に対する貸付金額は「50万円以下」か「申込者の年収の10%以下」と貸金業規制法で決められていますが、どこの企業でも融資限度額が同じということはではありません。各企業が独自に審査基準を設けているため、A社では限度額が10万円だったにもかかわらずB社では20万円だったということもよくあります。

また過去の返済状況などによって、限度額が増減することがあります。返済実績が悪ければ減額されますし、場合によっては融資を断られる場合もあります。逆に返済実績が良ければ、限度額はどんどん増えていきます。

 

キャッシング情報
ウェブキャッシング
消費者金融会社
金融キャッシング
消費者金融一覧
webキャッシング
レディースキャッシング
学生キャッシング
消費者金融被害
消費者金融金利
消費者金融協会
悪徳消費者金融
消費者金融利息
携帯キャッシング
主婦キャッシング
公的相談窓口一覧

 

キャッシング カードローン 情報